学校給食パートの勤務実態。子育て主婦も働ける?残業はどのぐらい?

学校給食パートの仕事内容は、中学生へ安全な給食を時間までに届けることです。

まず、前日に、翌日の献立と担当するメニューを確認します。

社員+パートでペアにあることが多いのですが、社員は忙しく動き回っていることが多いため、パートも一通りの流れを把握しておかなければなりません。

当日は前日の話し合いを基に、担当作業にとりかかります。
野菜切り、牛乳数え、食器だし、調理・・たくさんの仕事があります。

給食パートの一番の魅力は、小中学生の子供と休みが合うことです。
夏休み等の長期期間は給食がない為、仕事も休みです。

普段のシフトも10:00~15:00と、子供の登校を見送ることができます。

また、お昼ご飯は給食を食べることができます!
たくさん身体を動かし、健康的な食事をとれるので、以前より身体の調子がよくなりました。

大変なことは、夏場の暑さです。
湿度も気温も高い中、熱い揚げ物は熱中症の危険が伴います。
体力に自信のない方へはおすすめできません。


大変なこともありますが、育児との両立を大切にしているお母さんにはとてもおすすめできます!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント