ベンチャーの営業職はやめとけ。高層ビルのオフィスで優雅に働く…なんて夢物語

私は3年間アパレル販売員を経験し、

キャリアステップとして4月から営業職へと転職することができました。

元々不動産か営業職で転職を検討しておりましたで、希望通りの職種に就けてホッとしております。

仕事内容としましては、仲介サービスを運営している会社です。

主に弊社サービスに加盟したいと問い合わせを頂いた企業や業者に営業をかけるということを行っています。

営業という仕事におきまして、反響ということもあり非常にやりやすく、

数値やトークといった分析もしっかりと行うので月の目標なども明確化しており、

入社半年目にしてようやく生産性業務に貢献することができました。

ちなみに営業を本格的に始めたのが入社して4か月程経ってからでしたので、

それまでは事務処理とお客様への電話で進捗確認を行うことばかりでした。

ただ、営業といっても対面ではなくテレアポ(電話営業)なので、

販売員で培ってきたスキルを100%発揮するどころか半減してしまい、

尚且つ話し方が対面と電話では全く異なる為、大変な苦戦を強いられました。

プラスアルファでパソコン操作もほぼ経験がなかったので、

事務作業を行う際も非常に苦戦し入社後1~2か月はまさに地獄の日々でした。

幸いにアルバイトさんも働いている環境下でしたので、

共に研修を行い基本的なことは次第に身に付けることができました。

半年経過した今では、営業としてしっかりと数字を出すことができ、

歩合にも反映されるようになり、稀にですが先輩の成績を超えることなんてこともありました!

これからは今の会社で営業力を身に付け、どんな商品であっても買ってもらえるような営業トークスキルを身に付けていこうと決心しました。

このように前向きに仕事に取り組んでいけるようになり、

基本給は正直なところ前職と変わりない程ですが、歩合制をフルで活かすことで収入を上げていけるので、

転職に成功することができたと心から思います。

転職活動を本格的に始めたのが入社3か月程前で、

10~15社ほど面接を受けましたが内定をいただいたのがたったの2社だけでした。

転職サイトを4つほど駆使してようやく内定を勝ち取ることができました。

働きながら休日を使って面接を受けたりするのでので、

時間もない中いかに効率よくスケジュールを組むかが重要でしたので、

今考えればなかなかハードなスケジューリングでした。

不採用通知を受け取る度焦りを感じてしまい、

仕事にも支障をきたしてしまうなんてこともありましたが、

転職アドバイザーの方にマンツーマン面接を入念に行ったことで内定獲得に至りました。

この転職活動も今となっては大きな経験となりましたので、

今の職場からさらに転職という機会が訪れましたら、

経験を存分に発揮し己のスキルをアピールできればと思っております。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント